すずしんろぐ

【高度】飛行機はどれくらい高く飛ぶの?【フィートとは】

LINEで飛行機クイズ配信中!
✈ ↓ 友達募集中(笑) ↓ ✈

友だち追加

飛行機はどれくらい高くを飛ぶと思いますか? 実はほとんどの人が考えたこと無かったことかもしれません。今回はその盲点、解決しちゃいます

 

どれくらい高くを飛ぶの?

みなさん、飛行機がどれくらいの高度で基本的に飛行しているか、知っていますか?

富士山ちょい上くらいとかですか?

答えはその2-3倍ほどです。

飛行機の平均的な巡航高度は「33000feet」と言われています。

 

フィートとは

ここで出てきました 謎の単位「フィート」

簡単に説明すると、フィートとは長さの単位であり、「1feet = 0.3048m」で換算できます。

つまり、飛行機の平均巡航高度「33000feet」は、「約一万m」ということになりますね。

また、この「フィート」という単位はよく「ft」と略されます。見覚えあります?多分それはflightradar24の画面とかですかね。左の欄の「Altitude」つまり高度のところに「32,975 ft」と書いてあります。これです。そしてやはり33,000ft近いですね。その右に薄く10,050mともしっかり記載されていますね。

f:id:r-flugzeug:20170907000432j:image

この写真は<HND→LAX>のNH106便なんですが、現在地は太平洋上空です。つまり長距離飛行のど真ん中ってことです。このように太平洋上空などを長時間飛行するときは「33000ft」付近にするようです。他の機体をみても、「30000ft~38000ft」くらいまでには収まっていました。

 

でも高度一万メートルで飛ぶって誰が決めたの?
偉い人?

お、いい質問だね。
実はしっかりとした理由があるんだよ。

 

なぜ一万mの高度で飛行機は飛ぶの?

飛行機がなぜ一万mの高度で飛ぶのか、って気になりませんか?

別にもっと低くても良さそうなのに。って思いませんか?

そしたら、上昇とか降下の時間が短縮できそう。とか。

 

答えは「気圧」にあるんです。

空気の濃度が上空ほど薄くなるのを知っていましたか?

だからこそ高山病と呼ばれるものもあるし、登山に酸素ボンベを持っていく人だっています。

そして、空気の濃度が薄くなると、実は空気抵抗が小さくなるのです。

押しのける空気の粒子の量が少なくなるからですね。

そのため、高度が高いほど、空気抵抗が小さくなり、燃費良く飛行することが可能になるのです。

 

だったら、もはや成層圏ギリギリまで上昇しちゃえばいいんじゃん?

それはまた 別の問題が発生します。

飛行機のエンジンの仕組みが問題になるのです。

飛行機のエンジンは、取り込んだ空気を一度圧縮させ、それを燃焼することで爆発させることで、推進力を得ています。

しかし、もし高度が高すぎた場合、空気の濃度が薄すぎて、燃焼しても、大した推進力を得ることができなくなってしまいます

そのため、「一万メートル」という数字は、空気抵抗と推進力のバランスを見て、一番効率のいい値ということになります。

 

まとめ

こんなしっかりとした理由があって、高度を決めているなんて、考えていた人は少ないのではないでしょうか?

それにしても、富士山の約三倍の高度、夢のある高さですね。

話してると僕も飛行機に乗りたくなってきました。

ところで、飛行機の高度だけでなく、速度だってしっかりといろいろ理由があるんです。

気になる人はこの記事をチェック!

 

flugzeug.hatenablog.com

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ